商品について

Q商品のサイズはどのように測っていますか
A衣類はすべて平台に平置きし、外寸を測定しております。商品やデザインによっては若干の誤差が生じますので、あらかじめご了承ください。
Q注文から納品までどれくらい時間がかかりますか?
Aご注文確定後、2~3営業日以内に発送いたしております。

配送について

Q配送業者はどこですか
A現在、ヤマト運輸のみのお取扱いとなります。配送業者のご指定も可能ですので、ご希望あればご注文の際に、その旨ご記載ください。
Qお届け地域について教えてください。
A全国へお届けいたします。

返品・交換について

Q商品を返品したい
A商品が不良品の場合、または誤配送の場合のみ、返品をお受けいたします。お客様都合での商品の返品は承れません。あらかじめご了承ください。
Q商品を交換したい
A商品に不備があった場合のみご対応させていただきます。誠に申し訳ございませんが、お客様のご都合による交換は出来かねます。あらかじめご了承ください。

2020/04/16 15:34

前回はツムギラボという活動を始めたところまでを書きました。

今回は、一番初期のころの活動についてお話しようと思います。


2014年に秋に有松絞りと出会った私は、早速実験をスタートさせます。

とはいえ、どこにどうオリジナルの製品を依頼したらいいのか皆目わからない状況です。
(前回もお話した通り全く持ってお恥ずかしい話ですが。)

商品の仕入れ先は分かっても生産先は分からない。

とりあえず人づてでオリジナルのシャツを商社から入手するところまではたどり着きました。
元となるのは無印良品で買った1枚のシャツ。



こういう形のものをこの素材で作って欲しい・・・
今考えればなんとも無謀で何とも無知な依頼の仕方だったと思います。



それでも、何とかかんとか手に入れたシャツに今度は加工をします。


伝統工芸繋がりで、有松絞りから名古屋黒紋付染、名古屋友禅と名古屋で伝統工芸指定されている3つに繋がることができていたので、
その3種で加工することにしました。


有松絞りを活かしたプリント加工↓


名古屋黒紋付染めの職人に染めてもらったむら染め↓


手書き名古屋友禅↓


上記のような頼み方だったので、素材にこだわれるはずもなく、普通に中国製のシャツでした。

もちろん、それがいけないわけではないのですが、自分がやる意味は無いということに後々気づくことになります。




さて、そうしたシャツを中心に、その冬ビッグサイトで行われていた
IFFTという展示会ににクリエイティブナゴヤというブースで出させていただくことになりました。

始めて間もない時期でしたが、すんなりと通り、伝統工芸という
キーワードの強さを初めて知った記憶があります。


展示会では大手を含め、複数興味を持ってもらいましたが、
その後に繋がった先は1社もありませんでした。

始めて展示会というものに出ていて、私は今思えば取りこぼしていたなーと感じます。


その後はご縁(運ともいう)で、高島屋さんや三越さんといった百貨店の催事に出ることになります。
その際に初めてまともなモノづくりというのはどういうものか、実体験します。


まさに実践に勝る学びなし、です。


続きはまた次回。

※このサイトのOSOCUはツムギラボが運営する定番ラインです。
OSOCUの始まりはまだ先、2018年まで待つことになります。



ツムギラボ
タニ カヅオ