商品について

Q商品のサイズはどのように測っていますか
A衣類はすべて平台に平置きし、外寸を測定しております。商品やデザインによっては若干の誤差が生じますので、あらかじめご了承ください。
Q注文から納品までどれくらい時間がかかりますか?
Aご注文確定後、2~3営業日以内に発送いたしております。

配送について

Q配送業者はどこですか
A現在、ヤマト運輸のみのお取扱いとなります。配送業者のご指定も可能ですので、ご希望あればご注文の際に、その旨ご記載ください。
Qお届け地域について教えてください。
A全国へお届けいたします。

返品・交換について

Q商品を返品したい
A商品が不良品の場合、または誤配送の場合のみ、返品をお受けいたします。お客様都合での商品の返品は承れません。あらかじめご了承ください。
Q商品を交換したい
A商品に不備があった場合のみご対応させていただきます。誠に申し訳ございませんが、お客様のご都合による交換は出来かねます。あらかじめご了承ください。

2020/04/23 09:28

LOOP出展も3年目に入り、少ないけどリピーターさんや

毎月の売り上げが立つようになってきました。


一方でなかなか自社サイトの売り上げはできない状態が続きます。


そんな中、偶然クラウドファウンディングなるものを知ります。


Campfireというサイトでアパレルも出ている。
確か記憶ではALLYOURSさんが毎月プロジェクトを実施している
ページを最初に見た記憶があります。


そして自分たちもやってみよう!と思い、この時は個人事業としてではなく
経営する会社のメンバー有志で始めました。


この時に作ったのがOSOCUです。


↓これが最初のプロジェクト。目標達成しなかったけれど、この一歩は
着実に前に進んだ一歩でした。




ツムギラボは個人で始めたので、一人で考え一人でネーミングや意味づけを考えました。
一方、OSOCUは会社でスタートしたので、社内はもちろん、外部のデザイナーさんにも
相談をしながら練り上げました。

Ori(織り)
So(染め)
Cu(括り)

という繊維の伝統工芸の手法を取り入れ、かつスピード重視の現代アパレルへのささやかな
抵抗の意味も込め「遅く開発する」というOSOCUという名前を作りました。


その後、プロジェクトのサイトをMakuakeに移し、2度実施することになります。




2018年、2019年とプロジェクトを実施し、どちらも60万ほどの総額でした。
華々しい大成功というわけではないですが、

「30人以上も初見で欲しいと言ってくれる人がいる」

とい事実に可能性と喜びを感じました。


ただ、最初のプロジェクトである2018年に良い面を知ることができたこと
と同時に一つの挫折感を味わうことにもなります。


それは会社の中で運営することの難しさです。


強制ではなく有志で集めて行ったとはいえ、根本の想いを
共有してスタートしたわけではありませんでした。


最初の声掛けでちょっと面白いかも、というスタンスが
大半だったと思いますが、そうした人たちをぐっと惹き
つけるほどの動きや話しはできていなかったのです。


自分は2014年から4年こうした活動を地道に続けていて
いましたが、メンバーはそうではない。

企業経営でも良く言われる理念共有ができていないと
うまくチームとしては機能しないことを痛感させられました。


OSOCUはその名前の通り焦らず続けるため、一旦会社での運営
を止め、個人事業であるツムギラボの展開ラインとして再スタート
を切ることになります。


2019年は実質一人での動きが大半でしたが、


クレアーレに場所を移したLOOPでは昨年比150%伸び
JR名古屋高島屋さんでの催事展開(共同出展)

とまた一つ階段を上がることができました。


2020年4月22日現在、コロナウイルスの影響もあり、
ブレーキをかけられた形ではありますが、もともと
ゆっくりと進んできたOSOCUはWEBでの展開や
SNSでのアイデア企画発信など新しい動き方を模索
していきます。

ツムギラボという器で実験を繰り返し、OSOCUで展開する。


これを1つ1つ丁寧に続けていければと思っています。






ツムギラボ
タニ カヅオ