商品について

Q商品のサイズはどのように測っていますか
A衣類はすべて平台に平置きし、外寸を測定しております。商品やデザインによっては若干の誤差が生じますので、あらかじめご了承ください。
Q注文から納品までどれくらい時間がかかりますか?
Aご注文確定後、2~3営業日以内に発送いたしております。

配送について

Q配送業者はどこですか
A現在、ヤマト運輸のみのお取扱いとなります。配送業者のご指定も可能ですので、ご希望あればご注文の際に、その旨ご記載ください。
Qお届け地域について教えてください。
A全国へお届けいたします。

返品・交換について

Q商品を返品したい
A商品が不良品の場合、または誤配送の場合のみ、返品をお受けいたします。お客様都合での商品の返品は承れません。あらかじめご了承ください。
Q商品を交換したい
A商品に不備があった場合のみご対応させていただきます。誠に申し訳ございませんが、お客様のご都合による交換は出来かねます。あらかじめご了承ください。

2020/05/02 09:01

2回目は製品染めに焦点を当てて話をしようと思います。




前回最後に少し触れた染め替えサービスを使って
染めた子供服。綿の白シャツを黒に染めました。


ステッチが白く残っているのが見えますね。


これは縫製する際の糸がポリエステルの糸だからです。

綿を染める染料でポリエステルは染まらないのです。


ちなみに服を作る際、指定しない限りまずポリエステル糸
を使います。理由はシンプル。丈夫で縫いやすいから。


着用時の耐久性も違いますが、現代においてカジュアル
ファッションをそんなハードに使うシーンは少ないので、
着ている側からするとほぼ分からないかと思います。


ステッチをデザインで残す場合もありますが、
ステッチも染めたい場合は糸も綿で縫う必要があります。



↑こんな感じ。
前立てやポケットのステッチを見てみてください。
白く残らず黒に染まっています。


OSOCUでは製品染めをする前提の企画が多いので
白シャツは全て綿糸で仕上げています。綿糸で縫う
と上の画像のように染まります。




↑ボタンも染まる場合があります。


プラスチックボタンは染まらないのですが、樹脂系は染まる
ケースもあるようです。ボタン素材に詳しくは無いので正確
には分かりませんが、染まるボタンも面白いなと。


ちなみに、貝ボタンは割れたり剥離したりすることが
あり、製品染めには適していません。貝ボタンを使う
場合は、後から付けるという工程を入れる必要があります。




最後に染めの逆、抜染の話を。


OSOCUラインでは企画していませんが、ツムギラボとしては
店頭に並ばない新品の流通在庫をアップサイクルする企画の中
で抜染を活用しています。


上の画像はネイビーのPOブラウスを抜染したもの。
抜染するまで何の色が出てくるかわからないのですが
おおむね白~茶という系統が多いです。


デニムでよく聞く、ブリーチも抜染のことですね。


後加工で量産品が1点ものに変化するので、ユニークな
方法だと思っています。たくさん作れないし、効率は
悪いのですが、地道に続けていこうと思っている企画の
一つです。




ツムギラボ
タニ カヅオ