商品について

Q商品のサイズはどのように測っていますか
A衣類はすべて平台に平置きし、外寸を測定しております。商品やデザインによっては若干の誤差が生じますので、あらかじめご了承ください。
Q注文から納品までどれくらい時間がかかりますか?
Aご注文確定後、2~3営業日以内に発送いたしております。

配送について

Q配送業者はどこですか
A現在、ヤマト運輸のみのお取扱いとなります。配送業者のご指定も可能ですので、ご希望あればご注文の際に、その旨ご記載ください。
Qお届け地域について教えてください。
A全国へお届けいたします。

返品・交換について

Q商品を返品したい
A商品が不良品の場合、または誤配送の場合のみ、返品をお受けいたします。お客様都合での商品の返品は承れません。あらかじめご了承ください。
Q商品を交換したい
A商品に不備があった場合のみご対応させていただきます。誠に申し訳ございませんが、お客様のご都合による交換は出来かねます。あらかじめご了承ください。

2020/05/03 07:47

今日は服の「原産国」の話をします。



服の原産国は洗濯表示のあるラベルにだいたい
書いてあります。

Made in Japan
日本製
Made in Vietnam
中国製

などなど。


普段、見ますか?




私個人としては見ますし、
極力日本製を買います。後述しますが、それは品質
が理由ではありません。
(時々、旅人の血が騒いで、チェコ製とか南アフリカ製
とかに反応してしまいますが・・・w)



原産国表示は国によって違いますが、日本では
最終加工地が日本であれば表記できる、という
のが実態です。


本来加工の割合とかもあるようですが、実際に
調べることはかなり稀だと思うので、最後の最後
だけ日本、とういうのもあるかと。


ただまぁこれは部品やパーツを輸入して最終製品
に加工する機械も同じことと言えば同じことと思
っています。(機械業界が違ったらすみません。)



生地がベトナム、縫製が中国、2次加工・最終加工が日本
で日本のアパレル会社の日本製の服というものがあるとします。
この製品の品質ってどこの国のものなんでしょうね?


マニアックに言えば、
「この生地の仕上げが〇〇」とか
「この縫製仕様は△△」とか
「この2次加工ができるのは××」とか
色々あるでしょう。


でも大半の人はその服を全体で評価します。
生地もデザインも加工も含めてです。
もっと言えばぱっと見や触った感じとかでしょう。


つまりどこが生産地と書いてあるのかはさほど重要
じゃないんです。日本製も例外ではありません。
では何が大事か。


誰に自分の支払ったお金が行くのか。


だと私は思っています。
だから日本製、と謳うのであれば自分が分かる限り
の情報はオープンにすべきと思っています。


生地はどこから買ったのか。
縫製はどこにお願いしたのか。
染め加工はどんな会社が行ったのか。


これらは基本的にクローズにされてきました。
アパレル側も出したくないし、工場側も出ること
を望まない。そんな関係でずっと来ています。


今でも大枠は分かりませんが、これだけ消費の意味
を問われている時代にそれでいいのか?名前を出して
も良いのではないか。


そんなことを常日頃から考えています。


だから、最初に述べた日本製を買う理由は品質じゃありません。
日本製でも作り手の顔が全く見えないものは基本買いません。
誰にお金を支払っているのかわからないですから。


服のモノづくりは大半が人の手によるものです。
個々人の名前までは分からないにしても会社名
は知りたいし、どういう会社なのかHPで見たい。


そう思うことはおかしなことではないと思うのです。
もちろん服はファッション側面が強いのでデザイン
やブランドで買っても良いと思います。


だけど一部でも作り手の顔が見える服を選ぶ人が
増えたらいいな、と思っていますし、そうした思考
をする作り手が増えたらいいなと思っています。



次回はもう少し突っ込んで日本製の品質部分の
話をしたいと思います。



ツムギラボ
タニ カヅオ