商品について

Q商品のサイズはどのように測っていますか
A衣類はすべて平台に平置きし、外寸を測定しております。商品やデザインによっては若干の誤差が生じますので、あらかじめご了承ください。
Q注文から納品までどれくらい時間がかかりますか?
Aご注文確定後、2~3営業日以内に発送いたしております。

配送について

Q配送業者はどこですか
A現在、ヤマト運輸のみのお取扱いとなります。配送業者のご指定も可能ですので、ご希望あればご注文の際に、その旨ご記載ください。
Qお届け地域について教えてください。
A全国へお届けいたします。

返品・交換について

Q商品を返品したい
A商品が不良品の場合、または誤配送の場合のみ、返品をお受けいたします。お客様都合での商品の返品は承れません。あらかじめご了承ください。
Q商品を交換したい
A商品に不備があった場合のみご対応させていただきます。誠に申し訳ございませんが、お客様のご都合による交換は出来かねます。あらかじめご了承ください。

2020/05/22 10:06

今日は服の選び方について。



この記事は、〇〇というブランドの大ファン、とか
1シーズン着たらメルカリで売るのが基本、という方
は対象外です。


これらの選び方をされている方はすでに明確な選ぶ
基準がるので、それはそれで良いと思います。


例えば、リセールで言えばユニクロ商品が一番ニーズ
あるし、コアなファンの多いブランドはシンプルなTシャツ
でも意味づけが変わってきます。


なので、そうではない大半の人、つまり服を買う基準を
明確には持っていない、もしくは基準そのものが良く分か
らないという人に向けて書いています。




さて、肝心の提案したい選び方は、




「誰が・どこで・どう作っているのか、が分かるものを買う。」





というもの。




もちろん服は着るものなので、デザインが好きかどうか、
着て気分が上がるかどうかも大事。だけどそれと同じくらい
誰がどこでどう作っているのかも大事だと思っています。




目に見えるデザイン
目に見えないデザイン



という感じでしょうか。


最近クラウドファウンディングやSNS上で自動的に
服ができてくるようなイメージを持つ人がいること
を知り、こういう目に見えないデザインを訴求する
のも大事だなと思いました。


もちろん全自動で服ができる未来もあります。
現実に島精機さんのホールガーメント機であれば
かなりの部分を自動化できます。


イメージするセーターのようなものだけではなく、
Tシャツやワンピースなどの製品も違和感なく
出来上がります。これも一つのデザイン。


一方でアナログもデザイン。
顔の見える安心感や知っている人が作る愛着感など
は十分価値のあるものだと思っています。



色々便利になり、かつ生活スタイルも世界規模で
変わってしまう現代では最先端とアナログのバランス
が面白いものを生み出すのではないでしょうか。



知多木綿の彩紬シャツ&パンツセットアップ
TシャツはUNIQLO U


世界レベルの素材とデザインアプローチ
超ローカル&アナログアプローチ

ちなみにサンダルは島ぞうり(笑)




ツムギラボ
タニ カヅオ