商品について

Q商品のサイズはどのように測っていますか
A衣類はすべて平台に平置きし、外寸を測定しております。商品やデザインによっては若干の誤差が生じますので、あらかじめご了承ください。
Q注文から納品までどれくらい時間がかかりますか?
Aご注文確定後、2~3営業日以内に発送いたしております。

配送について

Q配送業者はどこですか
A現在、ヤマト運輸のみのお取扱いとなります。配送業者のご指定も可能ですので、ご希望あればご注文の際に、その旨ご記載ください。
Qお届け地域について教えてください。
A全国へお届けいたします。

返品・交換について

Q商品を返品したい
A商品が不良品の場合、または誤配送の場合のみ、返品をお受けいたします。お客様都合での商品の返品は承れません。あらかじめご了承ください。
Q商品を交換したい
A商品に不備があった場合のみご対応させていただきます。誠に申し訳ございませんが、お客様のご都合による交換は出来かねます。あらかじめご了承ください。

2020/05/26 17:44

今回は、商品紹介ですが、もうほとんど在庫の無い商品のため

どちらかというとかなり商売関係ない話です。




以前のブログ

服の経年変化 -何年着続けるかー

https://www.osocu.jp/blog/2020/05/12/134908


で少し触れた藍染のシャツ。


もう少し書きたくなり、今回も取り上げます。



上の画像は新品のシャツ(在庫残り3枚くらい)




で、これが1年半ほど着たおしたシャツ。

色もさることながら風合いが恐ろしいほどまでに変化しています。


濃色の藍染ということもあり、このシャツ、おろしたてで最初に

洗うとひくほど色が出ます。


買ってくれた販売員さんが


「手が真っ青になりましたw」


というくらい。


回数を重ねるほどに色落ちは減り、だんだんと落ち着いてきます。

(それでも淡色系(特に白)の服と一緒に洗うのはNG)




色とともに出てくるのがアタリと呼ばれるしわというか、擦れというか、

まぁそういう変化。デニム好きの人は良く分かるはず。


元々は全くありません↓




色落ちは間違いなく、今の生活にとって不便だし、手間だし、デメリット。



でもそれがあるからこその愛着もあり、なんかハーレーが好きな人

の感覚に近い(値段はとても遠いけど・・・)と思います。



擦れてきても、色が落ちてきてもそれがデザインになり、個性になり

大事にするきっかけになる、そんなところが藍染シャツの魅力かなと

使い手の一人として思っています。



さすがにきれいめな恰好ではなくなってくるので、今は作業するときや家での

時間を楽しむのにもっぱら使っています。



個人的にはこういう服を着て創作活動している方、かっこいいなぁと思います。

(以前陶芸家の方が買ってくれて、おおっまさに!という出来事も)



今回例で挙げた柄は小雨縞ですが、この記事の節縞は在庫ありWEB掲載していますので、よろしければ。

osocu.jp/items/28517065


(小雨縞は店頭のみの状況なので、ご希望あればメッセージか問い合わせをお願いします)



ツムギラボ

タニ カヅオ