商品について

Q商品のサイズはどのように測っていますか
A衣類はすべて平台に平置きし、外寸を測定しております。商品やデザインによっては若干の誤差が生じますので、あらかじめご了承ください。
Q注文から納品までどれくらい時間がかかりますか?
Aご注文確定後、2~3営業日以内に発送いたしております。

配送について

Q配送業者はどこですか
A現在、ヤマト運輸のみのお取扱いとなります。配送業者のご指定も可能ですので、ご希望あればご注文の際に、その旨ご記載ください。
Qお届け地域について教えてください。
A全国へお届けいたします。

返品・交換について

Q商品を返品したい
A商品が不良品の場合、または誤配送の場合のみ、返品をお受けいたします。お客様都合での商品の返品は承れません。あらかじめご了承ください。
Q商品を交換したい
A商品に不備があった場合のみご対応させていただきます。誠に申し訳ございませんが、お客様のご都合による交換は出来かねます。あらかじめご了承ください。

2020/05/28 11:06

今日は一つの素朴な疑問について考えてみます。








なぜ世の中にはこんなにたくさんのアパレルブランドが必要なのか?








です。








今や皆が同じ服を着ることがなりました。


趣味志向は多様化していて、一言でいえば


好きか嫌いかの世界です。






そんな中でマスマーケティングを中小アパレルが


やる意味がよく分からない、


と私は思っています。






つまり、たくさんの人に向けて最大公約数的な服を


作ることは中小アパレルの役割ではない、と思って


いるのです。


 






そうした多くの人の心をつかむ企画であったり、PR


は大手アパレルの役割であり、実際にそれが行われて


います。






ユニクロにしてもZARAにしても、中小アパレルより


あらゆる面で最先端です。今やそうした企業でなれば


トップレベルにはなれません。 


 




ではそれ以外の中小アパレルは不要なのか?といえば


そうではなく、役割が違うのだと思っています。今まで


は大中小皆が同じような方程式で事業をしていました。








それが、中小は違うやり方に変えていく必要が出てきた


ということです。






その役割とは、最大公約数を追うのではなく、多様化した


趣味志向の1点に向けて最適な提案をすることです。1万人


に1人支持されればいい、くらいのイメージです。








だからこそ、地道な発信や手数は必要だし、顧客となる人


の理解はこの上なく重要です。スタート時点で顧客を想定


しないブランドは上手くいきません。





また、よく思うのですが、これからアパレルをやりたい人は、


農産物の販売から学ぶと良いです。トレーサビリティや地産地消、


安全性や環境配慮など、アパレルより進んでいます。





中小アパレルブランドはそんな風に、顔が見え、ローカルに


支持され、持続可能で無理のない生産を自分たちの顧客に


だけ販売する。これが今の最適解のような気がしています。





そうした活動が皆ができるのであれば、たくさんの中小アパレル


ブランドがあっても無理のない事業ができるのではないか、


そんな風に考えています。




だからこそ、一人でも多く、そうした志向をする人の


服作り支援をしていきます。

 




ツムギラボ

タニ カヅオ