OSOCUについて

OSOCUは長く地域で受け継がれてきた技術や素材を、日常アイテムに落とし込む活動をしているブランドです。織り(Ori)・染め(SOme)・括り(CUcuri)の文字を繋げてOSOCUと名付けました。伏線として毎シーズン追われるように新作を作るアパレルへのアンチテーゼとして、”おそく”作る(新作にこだわらず、良いものを磨きながら長く作る)という意味も込めています。

お知らせ

OSOCUでは定番品は継続的に生産しております。納期表示が無い欠品についても生産予定があることがございますので、メールやLINEにてお問合せ頂けますと幸いです。

【Email】

osocu.shop@tanikenltd.com

【公式LINE】

https://page.line.me/174ulhit

【常時取扱店】

|場所|クリエイターズショップLoop

|住所|〒460-0008 名古屋市中区栄3丁目18-1 ナディアパーク・クレアーレB1

|営業時間| 11:00-20:00 無休(クレアーレ休業日、ほか入替日を除く)

|期間|2025年3月30日まで

【出展情報】

1)名鉄百貨店本店POP UP

日時|2024年7月10日‐16日 10-19時 ※19日のみ17時閉場
   
場所|名鉄百貨店本店3階エスカレーター横

山勝染工㈱さんと共同出展です。

7/11,13,15はOSOCUメンバーが店頭にいる予定です。

2)オープンアトリエ

日時|2024年7月26日(土)11時~ ※1時間ほどのアトリエ案内ツアー開催(5名まで)。ツアー後の試着や購入も可
   
場所|OSOCU有松事務所

名古屋市緑区有松三丁山829

こだわり

地域で続く生地

知多半島で長く作られ続けている日本の生地

江戸時代から日本の衣文化を支えてきた愛知の素材、知多木綿。旧式の織機がゆっくりと生み出す柔らかい風合いが、心地よく体を包みます。

職人が染める黒

染め直しもでき、長く使うライフスタイルに

日本の伝統工芸にも指定される名古屋黒紋付染。OSOCUの黒はここの職人さんが染めてくれています。400年の歴史を持つ伝統の黒を体験してみてください。

透明な生産背景

大量生産を前提としないものづくり

OSOCUでは、自社内にもミシンを持ち、少数ですが縫製者を迎えています。作り手と使い手を繋げ、長く続く関係になっていくことを目指しています。

OSOCUの定番